便秘解消に効果的な食べ物や飲み物は何?

便秘解消に効果的な食べ物や飲み物はたくさんあります。
乳酸菌や食物繊維が含まれているものが良いので、食べ物としては、ヨーグルト、野菜、果物、大豆製品、シリアルなどがおすすめです。
飲み物としては、乳酸菌飲料、青汁、野菜ジュース、スムージー、酵素ドリンクなどがおすすめです。
乳酸菌には、生きて腸まで届いて悪玉菌の繁殖を抑えて、善玉菌を増やす働きがあります。
そのことにより、腸内環境が改善されて効果的に便秘を解消させることができます。乳酸菌と一緒にオリゴ糖を摂取するとさらにその効果が高まります。
オリゴ糖はバナナやリンゴに多く含まれているので、ヨーグルトと一緒に食べるのがおすすめです。
食物繊維には、消化せずに腸まで届いて腸内で水分を吸収して腸の蠕動運動を活発にさせる働きがあります。
そのことにより、排便が促進されて便秘を解消させる効果が期待できます。
食物繊維は水分を吸収することで高い効果を発揮しますので、一緒に水をたくさん飲むということも心がけましょう。
そして、様々な食材を満遍なく食事に取り入れて、栄養バランスを意識することも大切です。
便秘解消に効果的な食べ物や飲み物を、毎日の習慣として積極的に摂取して便秘解消に努めていきましょう。

1

便秘を解消する即効性がある食べ物は?

便秘にもいろいろな種類があります。
大腸の働きが低下することによって起こってくる弛緩性のもの、便意を我慢することによって起こってくる習慣性のもの、ストレスなどによって大腸が緊張して起こってしまう痙攣性のものがあります。
弛緩性、習慣性の便秘には食物繊維が、痙攣性の便秘には消化が良いものを食べることが重要になってきます。
さて、これらの便秘を解消するために即効性がある食べ物はあるでしょうか。
食物繊維を豊富に含んだ食品を、しっかりとれば解消ができますが、食物繊維を豊富に含んだ食品を取りすぎてしまいますと、体に必要な栄養素の吸収を妨げてしまいます。
食物繊維が豊富な食品として、バナナやサツマイモなどいろいろな食べ物があげられますが、食べれば即効性があってすぐに便秘が解消してしまうというものはありません。
長く続けていくことで効果が表れてきます。食物繊維を豊富にとっても解消しないという頑固な症状の人は、ビタミンCを大量にとる方法もあります。
ビタミンCには下痢の症状を起こしてしまう効果がありますので、空腹時に大量にとってみてください。
ビタミンCが多く含んでいる食べ物は、レモンや柿、キウイフルーツやミカン、イチゴなどに多く含まれています。
即効性という面ではビタミンCを大量にとることが効果があります。

2

幼児の便秘解消にはどんな食べ物がいい?

幼児は、大人に比べ腸が短かったり、未発達だったりするため便秘を起こしやすく、便秘を解消するには、食べ物などに気を配る必要があります。
幼児が便秘になると、お腹がパンパンに膨れ、元気や食欲がなくなり、トイレに行っても出ない状態が続いてしまいますね。
子供なので下剤もよほどのことがない限り使えませんし、できるだけ自然に出したいものです。そのような時は食べ物で便秘を解消します。
解消できる食べ物には、枝豆、ヨーグルト、果物、さつまいもなどのイモ類、オクラ、きなこや納豆などの大豆製品があります。
これらの食べ物は腸の状態を良くするだけでなく、便のかさを増やし、バナナ状のうんちを出すことができます。
幼児の場合、単品で食べるのは難しいです。
そのため、ヨーグルトの中にバナナやキウイフルーツといった果物を入れる、スムージーにする、きなこ団子やきなこを牛乳と混ぜる、サツマイモ餅やふかしイモをおやつにするなど工夫をします。
素朴なおやつの方が食物繊維を多くとることができるので、便秘になってきた場合はおやつやおかずを見直してみましょう。
なお、便の状態を良くするものにプルーンがありますが、幼児が食べた場合、さらに出なくなることがあります。
食べる場合は、様子を見ながら少しずつ与えるようにしましょう。

3

妊婦がなりやすい便秘の解消にはどのような食べ物が良いか

妊婦がなりやすい便秘の解消には、散歩を行う、といったことのほか、食べ物を工夫するだけでも効果があがります。
便秘解消に良い食べ物には、わかめや昆布などの海藻類、ブロッコリーなどの野菜類、大豆製品、果物類、ヨーグルトなどがあります。
妊婦が便秘を起こしやすいのは、大きくなった子宮がお腹や腸を圧迫し、動きが悪くなっていることや、ストレス、ホルモンの変化によってです。
そのため、便を柔らかくし、出やすいようにすることが大切になります。腸の状態を良くするのは、野菜類やヨーグルトです。
特にヨーグルトは善玉菌を増やす働きがあるので、継続して食べると良いでしょう。
また、便秘解消によい野菜類には、水溶性食物繊維と、ごぼうなどの不溶性食物繊維があります。
いつも同じ野菜を食べるのではなく、様々な野菜を食べると2つの食物繊維をバランスよくとることができます。
なお、切り干し大根やかんぴょうといった乾物野菜には、通常のものより食物繊維が多く含まれています。食べ物として意識しておくと良いでしょう。
妊婦になると、好みも変わり食べ物が食べられなくなることもあります。そのような時はバナナやキウイフルーツなど果物を中心に摂取すると良いです。

4

便秘解消によい食べ物はコンビニで買える?

便秘解消をするには、食べ物に注意しましょうと言われますが、中々継続が難しく、コンビニをうまく活用できないかと思いますね。
特に一人暮らしの場合、野菜を買ってもうまく使いきれないこともあり、結局無駄になってしまうこともあります。
一人暮らしの場合、多く利用するのがコンビニです。近年、コンビニはスーパーのように品揃えも良くなっています。
そのため便秘解消によい食べ物も数多く販売されています。便秘解消に良い飲み物としては、乳酸菌飲料、野菜スムージー、野菜ジュース、お茶があります。
お茶は、トクホの物も売られており、食物繊維がたっぷりと含まれています。
食べ物としては、アボカドなどが入っているサンドイッチ、野菜サラダ、納豆まき、ぬかづけなどがあります。
納豆は大豆製品のため、便秘を解消する食物繊維が豊富です。同じように冷ややっこでも効果があるので、夏の時期はお豆腐を選ぶと良いですね。
またぬかづけは、乳酸菌が豊富な漬物です。
あまり多く食べると、塩分の取りすぎでむくみが生じてしまいますが、乳酸菌は腸内の善玉菌を増やしてくれるので、解消していきます。
このほか、オートミールクッキーや、果物が入ったヨーグルトも良いでしょう。
コンビニによっては、食物繊維がどのくらい含まれているか表示しているところもあります。

5

参考になるサイトについて

つらい便秘、なんとか食べ物や飲み物などで解消できれば本当に助かりますよね。
ということで、ここでは参考になるサイトについてご紹介します。
実は、お通じには、オリゴ糖も関係があります。
オリゴ糖をかけて食べれば、腸の働きが活発になって腸内に良い影響をもたらしますので、理想的な糖だと言えます。
お通じの改善をしたいなら、こちらに載せているウェブサイトを閲覧してみてください。
きっとあなたのお通じにとってためになる情報が書いています。
参考サイト:オリゴ糖は糖質制限に効果